マリンバが紡いだ「おおきなかぶ」

ぶ うたうたげ 
4月30日(土)13:30開演 上演60分
烏山区民会館ホール

2月13日開催からの延期により、この日に辿り着くまで長い道のりでしたが、無事に開催できました。
こどもたちが大好きな『おおきなかぶ』のお話に入り込んで、楽しく見てもらえるよう、会場受付にはみんなで作ったおおきなかぶの葉っぱ工作を展示。


スタッフ証には、こどもたちが折り紙で作った “かぶ” を付け、気分を盛り上げてお出迎えしました。


上演は、マリンバの優しい音色からスタート。
マリンバという楽器に馴染みがないと思っていましたが、私たちの身近にあるiPhone携帯の着信音が、実はマリンバの音だったと発覚!

そのあたりから親近感がわいてきて、親しみある歌を歌ったり、会場でお配りした “鈴” を手に、歌に合わせてリズムを取ったり、会場にかわいい小さな歌声と鈴の音が響きました。


そしてステージは、マリンバが紡ぐ「おおきなかぶ」のお話へ・・・
かぶを引っ張る役をおじいさんに選ばれるドキドキとワクワク感



積極的なこどもたちのがんばりで、おおきなかぶはぬけました。
アンケートでも「観客参加型のステージがとてもよかった!」「こどもたちノリノリでした」とメッセージをいただきました。