わくわくシアター2019開催!

わくわくシアター2019が、4月21日(日)開催されました!
わくわくシアターとは、NPO法人こども劇場せたがやの会員が中心となり、20年以上、3世代に渡って続けている地域のおまつりです。
 22回目となる今年は、開催以来初めて、馬事公苑前のけやき広場から羽根木公園へ移して開かれました。

今回は、開催に先がけてとても嬉しいニュースがありました。
わくわくシアター2018が、第4回 笑顔あふれる地域イベントアワード(主催:子ども文化地域コーディネート協会)において優秀賞を受賞したのです!

世田谷の子ども達に地域のまつりの原風景をつくるため、20年におよぶ3世代の取り組みが評価されての受賞でした。
紆余曲折ありましたが、毎年お越しいただいているみなさんのおかげです。本当にありがとうございます!

当日は、朝7時に集合!
ダンボール迷路の制作や、お店の準備、駐輪所の整備などオープニングに向けて早速大忙しです。

毎年新しいアトラクションを生み出す段ボール迷路はいつものようにパパ達が大活躍!

こちらは、わくわく商店街。
おとなも子どももアイデアいっぱいのお店を用意しています。
たくさんお客さん来てくれるかな〜。
ちょっと心配しながらも楽しんで開店準備です。

子どもの日に近い当日は、たくさんの鯉のぼりが風に泳いでいます。
そこにたくさんのカラフルな三角旗も彩りを加えます。

5月に企画された観劇『アラビアンナイト』の告知のために、キラキラの星や月も木からつり下げられます。実は、会員達がターバンを巻いているのはシンドバッドや盗賊をイメージしていたのです!

当日お越しいただいた方は、ブルーシートに楽しそうなパターンがデザインされていたことに気づいてもらえたかもしれません。実はこれ、会員が事前に集まって色ガムテープでデコレーションしたもの。「手作り」も、わくわくシアターのキーワードなのです!

また、今年一番私たちの頭を悩ましたのが、砂埃。
当日は幸いにも天気に恵まれましたが、想定していなかった量の砂埃が…。
直前まで水撒きを行なったのですが、これにはまいりました。
来年は前日から水をまくなどして、改善します!

さて、そんなこんなであっという間にオープニングの時間となりました。