久しぶりの定例鑑賞会「どうぞのいす」7/19

7月19日(日) ①10:45 ②14:30 粕谷区民センター多目的室

3月開催のはずだった「どうぞのいす」が、2020年初めての定例鑑賞会になりました。鑑賞対象を0才~6才までに広げ、感染予防に心がけて午前午後と公演数を2回に増やして開催。久しぶりに子どもたちの笑顔に出会いました。

感染予防対策は、ガイドラインを作成して万全に準備。
入室前には検温と消毒をお願いし、キャラクター「こどたん」の位置表示を床に貼り、家族ごとに座っていただきました。

待ちに待った「どうぞのいす」 ソーシャルディスタンスでたっぷり楽しみました。

娘が終始ニコニコ楽しそうだったのが、母としてはとても嬉しかったです。久しぶりの舞台、子どもが“全身で観る”様子が、とても印象的でした。感染防止対策でお友達と並んで観ることはできませんでしたが、離れていても友達と一緒に観ると、それだけで楽しい舞台の空気を一緒に楽しめますね。舞台はやっぱりとても良いなぁと思いました。(参加者の感想より)

久しぶりの定例観賞会、楽しかったです!やっぱり生の舞台はいいですね。同じ場で共有することの大切さを感じました。会場の消毒など、大変だったかと思います。安心して楽しめるように準備してくださってありがとうございました!

次女「ぞうさんのおうたがたのしかった!」

長女は「うさぎがいすをつくっているところがおもしろかった!」ということでした。

(参加者の感想より)